総合

イタリアで死者拡大 国内では新駅に5万人殺到も・・・(20/03/16)

イタリアで死者拡大 国内では新駅に5万人殺到も・・・(20/03/16)

国内では新たに北海道で80代の男性が死亡しました。そして、イタリアでは死者が1日で360人を超えて過酷な状況が続いています。

 卓球スクールを介してクラスター感染が発生した新潟県。新たに50代の女性が17例目の感染者として報告されました。現在、行動歴などは調査中ですが、この女性は福祉施設の職員で、14日に判明した80代男性の濃厚接触者でした。さらに、北海道でも新たに70代の女性の感染が分かり、道内の感染者は149人。同時に80代の男性の死亡が確認されました。
 クラスターではない新たな感染経路としてヨーロッパからの帰国者が感染するケースも増えてきました。東京・調布市では20代市役所職員の感染が15日に判明。この男性は先月28日からイタリアを旅行し、北部のベネト州を訪れていました。ベネチアを州都とするベネト州は現在、外務省から渡航中止勧告が出ています。今月7日に男性は帰国しますが、その時・・・。
 調布市・長友貴樹市長:「(今月7日に)空港から帰国した旨が上司に連絡があったと。(渡航期間中に)イタリアの情勢が非常に悪化しましたので『1週間あるいは来週は出勤しないでくれ』と上司が要請をしました」
 上司の要請でその男性はその後、自宅待機を続けていると、13日に発熱。PCR検査の結果、15日に陽性が判明しました。
 そんななか、朝の校舎に子どもたちの声が戻ってきた所もありました。静岡県では6つの市や町で小中学校が再開。児童たちは換気した状態で授業を受け、先生から直接、消毒液をもらう姿も見られました。また、兵庫県でも5つの自治体で感染者が出ていないことなどから学校再開を決めるなど、北海道から沖縄までの一部地域で約2週間ぶりの授業が行われました。また、山梨県の小学校では児童の下校後、先生たちが校内の様々な場所で消毒作業を行っていました。一方、佐賀県は16日から学校再開の予定でしたが、13日に佐賀市に住む20代男性の感染が判明したため、休校措置が延長されることになりました。
 感染拡大に伴って列島全体に自粛ムードが続くなか、夜明け前にもかかわらず多くの人が集まっている場所がありました。日が昇る前にもかかわらず、自粛ムードが嘘のような人だかり。そのお目当ては、山手線で49年ぶりに誕生した新しい駅「高輪ゲートウェイ駅」発着の一番列車。その後も人混みはとどまる気配を見せませんでした。夕方になっても、高輪ゲートウェイ駅の構内はものすごい人であふれていました。新型コロナウイルスの影響で開業イベントが中止となったにもかかわらず、新駅には想定の倍以上となる約5万4000人が訪れたといいます。自粛ムードのさなか、これだけの人が集まった大きな理由の一つが、この日にしか手に入らないレアアイテムの存在です。それは開業日の日付が印字された切符。行列は日付が変わる直前まで続きました。
 まだ自粛とはほど遠い国もあります。現在、53人の感染者が出ているメキシコ。この日は音楽フェスティバルが行われました。体温を測ってはいますが、マスクをしている人はほとんどいません。外では男女が熱い抱擁を交わしています。アメリカでは大統領も検査を受けました。陰性だったトランプ大統領。会談でも気を使っているようです。買い占めが続く状況に冷静な対応を呼び掛けました。
 一方、WHO(世界保健機関)からパンデミックの中心とされたヨーロッパ。感染者が2万人を超えたイタリア。病院ではカーテンもなく簡易ベッドに寝かされています。これは、約1カ月前の武漢の映像です。状況は酷似しています。死者は15日だけで368人。ヨーロッパの武漢と呼ばれるほど過酷な状況が続いています。人が集まる場所では1メートル間隔を空けるよう求められているイタリア。教会ではミサに来られない信者の写真を貼り、神父が1人、祈りを捧げていました。ルーマニアでは食料品店を丸ごと消毒しています。多くの店が閉まり、ゴーストタウンとなったパリ。イギリスのコストコにも長蛇の列ができています。商品不足で買いだめが起きていました。スーパーで品切れになっていたのはトイレットペーパーです。また、イギリスの大衆紙はエリザベス女王が別荘に退避したことを伝えるなど混乱は続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた