総合

池袋暴走事故の遺族が会見 「一瞬で未来奪われた」

池袋暴走事故の遺族が会見 「一瞬で未来奪われた」

東京・池袋で起きた暴走事故から5日がたった4月24日、妻の松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)を失った男性(32)が記者会見を開き、2人を突然奪われた心境を語りました。

 男性は「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。娘がこの先どんどん成長し大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまった。この画像を見て、必死に生きていた若い女性とたった3年しか生きられなかった命があったのだということを現実的に感じてほしい」と涙をこらえながら、悲痛な思いを語りました。

 この日行われた告別式に参列した人は、涙を拭いながら2人に最後のお別れをしました。

 事故は19日、東京メトロ東池袋駅近くの路上で、旧通産省・工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が運転していた乗用車が暴走し、歩行者などを次々とはねました。この事故で、真菜さんと莉子ちゃんが死亡し、10人がけがをしました。警視庁は飯塚元院長に運転ミスがあったとみて捜査をしています。

 24日の会見で、男性は「2人の命を奪ったという相応の罪を償ってほしい。今回の事故での妻と娘のような被害者と、私のような悲しむ遺族を、今後、絶対出してはいけない。今回の事件をきっかけにさまざまな議論がなされ、交通事故による犠牲者のない未来になってほしい」と訴えました。

YouTubeで表示する

チャンネル:TOKYO MX

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか