GAMING

【隻狼考察】主人公狼さんの正体は『竜神様』だった!変若水と竜胤のせいで世界がバグってたこと判明【SEKIRO解説】

【隻狼考察】主人公狼さんの正体は『竜神様』だった!変若水と竜胤のせいで世界がバグってたこと判明【SEKIRO解説】

変若の澱みの正体は、因果の捻じれでした
今回もクッソ面白い解説です。
前→https://youtu.be/XrZwOBN7ihY

↓「女子高校AIと考察二次会した結果」↓

考察動画リスト→https://www.youtube.com/playlist?list=PLtO05P5y6GsCbUt_yRikR0phKANgjItPy
ツイッター https://twitter.com/eso9876?lang=ja

※考察動画に関する諸注意
考察を述べる時、意図的に断言するスタイルを採用しているけど、他の解釈を否定しないよ!!
考察は無数の可能性の中から選んだ一つの解釈だから、間違っている可能性もある
特に新しく考察を始める時は、真っ先に自分の過去の結論を疑ってかかる
しかし、動画にする以上は責任もってキッチリ断言する
間違えてたら、笑って誤魔化す!
以上!!XD

※顔出しの理由(超重要)
これメチャクチャ大事な要素です。
科学的な話をすると、話し手の顔や目が見えてると、本能的に相手の話が理解しやすくなります。
(イギリスの研究である。話者の顔が見えるかどうかで、話をのみ込みやすさが変わる)
顔が気になる方に、カリム製のとっておきの素敵なアイテムをプレゼントするぜ!!
つ『貴い犠牲の指輪』

※補足

『白蛇は本当に二匹いたのか?』
葦名の土地神『ヌシ』は一匹だけしかなれないという描写があります(源の宮の壺人イベント)
しかし、なぜか白蛇だけは二匹います。
おそらく、あの二匹の白蛇は一匹です。
胴体が長すぎるのか、現実世界と超現実世界の両方に跨っているので、二つの頭を持っているようです。
白蛇の悲鳴が、二重に聞こえるのは、そういった理由があるからだと思う。

『葦名の底のズレに関して』
ゲーム的な粗かどうか最初は非常に迷いましたが、どうも本質的に「位置的ズレ」が裏側のテーマとしてあるようです。
それにまあ単純な粗ならば、ふつうに古い社ルートを塞げばいいし。
わざわざあそこを繋いだということには、それ相応の理由があるだろうというメタ的発想もあります。

『仙郷を目指した龗の矛盾』
「淤加美の古文書」
仙郷を目指した淤加美一族が残した古文書
香気の石、葦名の底の村に祀られたり
身を投げねば、辿り着けようも無し
これで源の香気、揃うたり
仙郷へ、出立のときぞ

これが仙郷を目指した龗たちが残した文書です。
彼女らが仙郷を目指した時には、既に身投げ場がありました
これから作るはずの身投げ場が、先に存在してるんですよ。
おかしいですね。
ま、普通に考えたら矛盾してるわけですが、むしろこの矛盾こそが竜胤の真髄です。
仙郷を目指した時点で、身投げ場が存在するということは、未来の彼女らが仙郷に辿りついたって証明なんですよ。
だって現実を作るのは、因果の方なんだから

『奥廊下の湖について』
今じゃ何故か分断されていますけど、元々は猿の水飲み場と繋がっていたようです。
この湖の底を漁れば、金剛石や宝鯉など、変若水や源の宮に由来するアイテムが多数拾えることからも分かります。

『曼荼羅について』
葦名の胎蔵界曼荼羅は、おかしいです。
本来大日如来がいるはずの場所に、一面六腑の仏がいます。
しかも、よくよく拡大してみると、七腑です。右腕が一本足りません。
つまり、隻腕の仏です。
この理由に関しては、次回また解説します。
ぶっちゃけセキロに関しては、外人に考察させる気ないよね

尊敬するフロムの皆さまへ、届け俺の血曼荼羅!!

YouTubeで表示する

チャンネル:上級騎士なるにぃ

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた