NEWS

時速160キロの“空飛ぶトラック”物流業界に革命(19/08/27)

時速160キロの“空飛ぶトラック”物流業界に革命(19/08/27)

物流業界に革命が起きようとしています。その主役はすさまじいスピードで大量の荷物を輸送できる「空飛ぶトラック」です。 ドローンのようなプロペラ。しかし、下には飛行機の尾翼のようなものが。実は、日本の宅配大手「ヤマトホールディングス」がアメリカのヘリコプターメーカーとタッグを組んで開発した無人の輸送機。空飛ぶトラックです。 ヤマトHD・長尾裕社長:「ここにある空飛ぶトラックはまさにオンリーワンの新しい取り組みであると確信しています」 期待を寄せるヤマトホールディングスの社長。垂直に上昇した空飛ぶトラックは上空で機体を水平に変えて飛行します。数百キロの距離を時速160キロ以上のスピードで飛び、最大約450キロの荷物を運ぶことができるといいます。 担当者:「都市を含めた多彩な色々な場所で使えるだろうと思っています」 人手不足や配送の遅れを解消する新たな輸送手段として注目される空飛ぶトラック。日米ともに法改正など環境が整えば、2020年代前半にも実用化する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね