NEWS

豪雨の原因「線状降水帯」 積乱雲が次々と九州に(19/08/28)

豪雨の原因「線状降水帯」 積乱雲が次々と九州に(19/08/28)

九州北部を記録的な豪雨が襲いました。一時、大雨特別警報が出た福岡県、佐賀県、長崎県などで被害が広がっています。気象予報士・今村涼子さんの解説です。 大雨をもたらしたのは今回も線状降水帯が直接的な原因になります。28日午前0時ごろから活発な雨雲がだんだんと九州北部に流れ込み、どんどん東西に延びて横長になってきます。一番激しく降ったのは午前4時半前後。線状降水帯が東西に100キロ以上になり、積乱雲が連なって1時間に100ミリ以上と猛烈な雨を降らせました。この線状降水帯を生んだ大きな背景としてはまず、このところ秋雨前線が日本海上に停滞していました。そして、その南には非常に暖かく湿った空気が流れ込んできましたが、この空気が大陸方面までつながっています。実はここに元台風11号の残骸がありました。なので、台風由来の熱帯育ちの空気がここを伝って九州北部まで流れ込み、それでより雨雲が発達したということになるわけです。 海の上から爆発的に積乱雲が発達して次々に流れ込む。これが、猛烈な集中豪雨を引き起こしたということが考えられます。海の上っていうのは本当に陸地じゃないので摩擦がなく、そのまま発達しながら入ってきやすいという状況もあります。このようなことを生み出した背景としては今回、バックビルディング現象というのも考えられます。バックビルディング現象というのは湿った風が入ってきた風上で積乱雲が連続発生し、それが風下にどんどんと激しい雨を降らせ続けることになります。そのようなことが起きて線状降水帯につながったということが考えられます。 現在の状況はというと、今、いったん小康状態にはなってきていますが一部、まだ山陰などに活発な雨雲がかかっています。まだ油断はできません。川なども増水の状況が続いています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう