NEWS

範囲狭まるも激しい雨続く 少しの雨でも災害の恐れ(19/08/29)

範囲狭まるも激しい雨続く 少しの雨でも災害の恐れ(19/08/29)

九州北部では29日午後も局地的に激しい雨が降り、土砂災害には警戒が必要です。 降り始めからの雨量は長崎県で600ミリを超えて、8月平年で降る2倍以上の大雨となっています。今後、九州北部では範囲は狭くなるものの、局地的に激しい雨が降る見込みです。これまでの大雨で地盤が緩んでいるため、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか