NEWS

孤立が続く病院の内部映像 スタッフはボートで(19/08/29)

孤立が続く病院の内部映像 スタッフはボートで(19/08/29)

記録的な大雨で佐賀県大町町の病院では患者ら約180人が今も取り残されたままとなっています。 孤立状態が続く順天堂病院の中の映像が届きました。床はきれいに見えますが、柱をよく見ると浸水した痕なのでしょうか。九州は29日朝もものすごい雨でした。マンホールからは水が・・・。佐賀では道路がまるで川のようです。広い範囲で冠水した佐賀県大町町も・・・。 旗を立てた海上自衛隊のボートで医療スタッフの交代作業が行われていました。患者は呼吸器を付けている高齢の人も多くいて、動かせる状況ではないそうです。水に囲まれて外に出られないのか、住民にペットボトルを配っています。排水に慎重にならざるを得ないわけは、近くの工場から流れ出た油です。1枚1枚、地道な回収作業が続けられていました。 やはり浸水被害が大きかった佐賀県武雄市。29日、新たに浸水した住宅の1階で96歳の女性が見つかって死亡が確認されました。死因は溺死(できし)だったということです。28日、水に囲まれていたスーパー。辺りを覆っていた水はだいぶひいたものの、漏電の恐れがあるためまだ中に入れないといいます。 隣のクリーニング店では客から預かった服が泥だらけに。そんななか、住民の片付けを手伝おうとこの人が大分から駆け付けていました。人呼んでスーパーボランティアの尾畠春夫さん(79)です。元の暮らしを取り戻すまで多くの力を合わせての作業が続きます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!