NEWS

“孤立”病院に車両が到着 建物内での救助活動へ(19/08/30)

“孤立”病院に車両が到着 建物内での救助活動へ(19/08/30)

孤立状態が解消しつつある「順天堂病院」の現在の様子について、病院の近くから報告です。 (寺田健人アナウンサー報告) 病院周辺にたまった雨水はだいぶ引いてきました。30日午前6時半には孤立状態となってから初めて冠水エリアの外から道路を走行して自衛隊車両が病院に到着することができました。そして、たまっている雨水の水位は大人のひざの高さまで下がってきて、29日までボートを使って行われていた医療スタッフの送迎も自衛隊車両によって行われています。ですが、まだまだ冠水状態が続いていて道路の安全確認ができていないため、一般の人の走行は難しい状況にあります。現在の病院の敷地内は30日午前11時をすぎたところで消防車両が多く到着して簡易のテントが設置され、これから病院の中に入って救助活動が始められるものだと思います。そして、油が漏れ出している問題に関しては周囲に点々と白いものがありますが、これらが油を除去するシートが巻かれています。徐々に確実に孤立状態は解消に向かっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね