NEWS

香港デモが泥沼化“第二の天安門”軍事衝突危機は?(19/09/03)

香港デモが泥沼化“第二の天安門”軍事衝突危機は?(19/09/03)

デモが続く香港情勢ですが、行政長官が非公式の場で「選択肢があるなら辞任したい」と発言していたことが分かりました。一向に収束のめどが立たないなか、第二の天安門を懸念する声も広がりつつあります。 公の場では明確に辞任を否定しました。香港のトップが釈明したのは先週、非公式の場でしたとされる発言について。そこでは中国政府と市民の間で板挟みになった自らの苦しい胸の内を明かしていました。香港で大規模なデモが始まってまもなく3カ月。依然、市民と政府の対立は深まるばかりです。抗議の声も広がる一方、今や中高生や大学にまで広がっています。 2日に香港でも新学期が始まりましたが、中高生が初日の授業をボイコット。彼らが求めるのは抗議デモで拘束された民主派市民の釈放です。さらに、香港中文大学ではデモの象徴である雨傘を左手に持ち、右手には「香港を取り戻す革命の時だ」と書かれた旗。マスクとゴーグルを着け、ヘルメットをかぶった女子学生の像は「香港民主の女神」と名付けられました。このような民主化運動を象徴する像は30年前、あの天安門事件の時にも建てられました。 しかし、その時は設置から5日後、中国政府は武力による弾圧を加えたのでした。今回も対岸の深センには武装警察が集結。天安門の悲劇は繰り返されてしまうのか。混迷を増す香港情勢。果たしてどこへ向かっていくのでしょうか。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな