NEWS

安倍総理 ウラジオストクへ 領土交渉打開へ正念場(19/09/04)

安倍総理 ウラジオストクへ 領土交渉打開へ正念場(19/09/04)

安倍総理大臣は国際経済フォーラムに出席するため、ロシアのウラジオストクに向けて出発します。プーチン大統領との日ロ首脳会談などが予定されています。 今回で27回目となるプーチン大統領との首脳会談ですが、最大の焦点は停滞が続く北方領土問題が進展するかどうかです。安倍総理とプーチン大統領は去年の秋に、歯舞・色丹の2島の引き渡しを記した「1956年の日ソ共同宣言」を基礎に交渉を加速させることで合意しました。ただ、その後、平和条約締結に向けた目に見える進展はなく、先月にはメドベージェフ首相が択捉島を訪問するなど、むしろロシア側は態度を硬化させています。日本側が突破口と位置付ける4島での共同経済活動についても、事業を進めるうえで法的な枠組みをどうするか溝が埋まっていません。安倍総理は「自らの手で領土問題に終止符を打つ」としていますが、総裁任期まであと2年です。プーチン大統領との個人的な信頼関係をどこまで外交成果に結び付けられるのか正念場です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか