NEWS

大雨被害の佐賀、災害ゴミ満杯「焼却能力超え、明らか」

大雨被害の佐賀、災害ゴミ満杯「焼却能力超え、明らか」

九州北部での記録的な大雨から9月4日で1週間。冠水による被害が広がった佐賀県では、使えなくなった家財道具などの災害ごみが次々と仮置き場に持ち込まれ、山積みになっている。
 県によると、仮置き場は武雄市や大町町など6市町の計12カ所に設置。このうち武雄市の北方東運動場など3カ所と大町町の1カ所がすでに満杯になっている。両市町のごみは通常、同県伊万里市内の処理施設に運ばれるが、県は「焼却能力を超えるのは明らか」と、他県の施設の利用も検討している。

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか