NEWS

【報ステ】「しつけがエスカレート」夫の供述調書(19/09/04)

【報ステ】「しつけがエスカレート」夫の供述調書(19/09/04)

去年3月、船戸結愛ちゃん(当時5)が虐待を受けて死亡した事件で、母親の優里被告(27)の裁判2日目が行われた。検察側は、優里被告の自宅周辺に設置された防犯カメラの映像を証拠として提出。映像には、優里被告と夫・雄大被告(34)、そして両者の実の息子の3人の姿しか映っておらず、結愛ちゃんは亡くなるまで1カ月以上もの間、自宅から一歩も出させてもらえなかった可能性があると指摘した。また、雄大被告の供述調書が読み上げられた。調書によると、雄大被告は「結愛は、言ってもわからないことが多く、しつけがエスカレートし、怒りが強くなった。最後は暴力に何の抵抗もなくなった。優里は最初、文句を言ったりしていたが、脅したりすると、私には歯向かえない状況になった。言葉の暴力を繰り返していたので、妻は洗脳されていた」と供述している。優里被告への判決は17日に言い渡される予定となっている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか