NEWS

【報ステ】香港『逃亡犯条例』改正案を正式撤回(19/09/04)

【報ステ】香港『逃亡犯条例』改正案を正式撤回(19/09/04)

香港の林鄭月娥行政長官が4日夜、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能とするいわゆる『逃亡犯条例』改正案を正式に撤回すると表明した。発表は、当初予想された会見ではなく、収録されたビデオメッセージでの声明となった。林鄭長官はこれまで「改正案は死んだ」と発言し、事実上の廃案だとしてきたが、「撤回」とはしなかったことが市民たちの抗議に火をつける形となっていた。ただ、市民は、改正案の撤回のほか、拘束されたデモ参加者の釈放、警察による暴力の責任追及、民主選挙の実施、そして、デモの“暴動認定”取り消しなどを要求している。5つの要求のうち残り4つについて、林鄭長官は話し合う姿勢を強調したが、具体的な解決への言及はせず、自身の進退についても触れなかった。雨傘運動のリーダーの一人だったアグネス・チョウさんは「今さら、撤回は遅すぎる。これからも残り4つの要求のため引き続き戦う」と話している。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか