NEWS

「母親は夫に従っていた」結愛ちゃんを診た医師証言(19/09/05)

「母親は夫に従っていた」結愛ちゃんを診た医師証言(19/09/05)

東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを死亡させたとして起訴された母親の3日目の裁判で、事件前に結愛ちゃんを診察した医師が「母親は夫に従っていた」と証言しました。 船戸優里被告(27)は去年3月、虐待などで衰弱していた結愛ちゃん(当時5)を放置して死亡させた罪に問われています。5日の裁判には、一家が東京に引っ越す前に結愛ちゃんを診察した香川県の女性医師が出廷しました。医師は「当時の結愛ちゃんの体重は平均の範囲内で、引っ越す直前は表情も明るかった」と証言しました。一方で、「優里被告は自己評価が低く、夫の雄大被告の考えに従っていて、夫婦の力関係は悪かった」と述べました。また、「結愛ちゃんを助けられるのはお母さんしかいなかった。何とか守ってほしかった」とも話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい