NEWS

“逃亡犯条例”改正案の撤回は「香港政府が決めた」(19/09/05)

“逃亡犯条例”改正案の撤回は「香港政府が決めた」(19/09/05)

香港政府のトップ・林鄭月娥行政長官が5日正午すぎに記者会見を開き、「逃亡犯条例」改正案の撤回について「香港政府が決めた」と強調しました。 林鄭月娥行政長官:「昨夜の声明のなかでデモ隊が求める5つの要求に対して、詳細で包括的な返答をした」 4日、逃亡犯条例改正案の撤回を表明した林鄭長官は決定が香港政府の独自の判断によるものと強調する一方、中国政府は「支持」を示しているとも述べました。また、今後、政府と市民が「対話できる基礎を作るため」と説明し、改めて決定に理解を求めました。一方、市民が要求する警察の暴力行為を調べる独立調査委員会の設置には応じない方針で、デモ隊は警察への調査や普通選挙の実現を訴えて反発しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい