NEWS

京急線 事故前に京急の職員が踏切で非常停止ボタン(19/09/06)

京急線 事故前に京急の職員が踏切で非常停止ボタン(19/09/06)

1人が死亡し、34人がけがをした横浜市の京急線の衝突・脱線事故を受け、警察はトラック運転手の男性の勤務先に家宅捜索に入りました。また、事故当時、京急の職員が踏切で非常停止ボタンを押していたことも新たに分かりました。 6日午前9時半ごろ、千葉県香取市の「金子流通サービス」に神奈川県警の捜査員が家宅捜索に入りました。警察によりますと、死亡したトラック運転手の本橋道雄さん(67)の勤務実態や当時の運行ルートの確認を進めているということです。警察は、本橋さんが運転操作を誤って事故を引き起こしたとみて、過失運転傷害の疑いも視野に捜査を続けています。また、事故のあった踏切で京急の職員が非常停止ボタンを押していたことが新たに分かりました。京急は職員がボタンを押したのは事故の前だったとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな