NEWS

胆振東部地震1年 犠牲者悼む 遺族や知人次々

胆振東部地震1年 犠牲者悼む 遺族や知人次々

道内で初めて震度7を観測した胆振東部地震から1年を迎えた9月6日、地震で最も多い37人が犠牲となった胆振管内厚真町では遺族や知人らが地震発生時刻となった未明から次々と土砂崩れの発生現場などを訪れ、花をささげ、目を閉じて手を合わせ、犠牲者を悼んだ。職員に犠牲者が出た厚真町役場前では地震発生時刻、同僚ら約100人が集まり、町内の犠牲者数と同数の37本のろうそくをともした。ろうそくを入れた紙コップには「町民が安心して暮らせるまちづくりを目指します」と復興を誓う言葉が添えられた。

YouTubeで表示する

チャンネル:北海道新聞 動画ニュース

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね