NEWS

楽天スマホに暗雲“参入先送り”新型iPhoneも(19/09/06)

楽天スマホに暗雲“参入先送り”新型iPhoneも(19/09/06)

6日に第4のキャリア「楽天モバイル」が記者会見を行いました。独自端末に無料サービスなど魅力的なワードが並ぶ一方、開始時期については明言を避けました。来週に発表予定の新型iPhone(アイフォーン)も含め、スマホ戦国時代はどこに向かうのでしょうか。 6日に行われた記者発表会で楽天・三木谷社長が打ち上げたのは独自のスマートフォン「Rakuten Mini」。画面の大きさは3.6インチで、通常のスマホに比べて半分ほどのサイズ。携帯キャリア初となる特定の通信事業者に限らず、「どのSIMカードを挿しても通信できる」ようになるとみられています。そして、気になる料金プランはというと、詳細は発表されませんでしたが期間による縛りなし、違約金もなしと提示しました。しかし、問題はその基盤となる通信ネットワーク。これまでに基地局などの整備が遅れて総務省から3度の行政指導を受けるなど、10月1日にサービスを開始できるのか不安視されていましたが、本格的なサービスの開始は先送りに・・・。楽天は来月から5000人に限定して無料でサービスを提供。本格運用を前に、稼働の安定を確認するとしています。 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに次ぐ「第4のキャリア」となる楽天。6日の記者会見を受け、携帯料金の値下げを推奨してきた菅官房長官は・・・。 菅官房長官:「参入による料金の一層の低廉化やサービスの多様化への国民からの期待、ここもしっかりと受け止めて早期に本格サービスを開始してもらいたい」 新たな戦国時代に突入したスマホ市場。国内大手3社も続々とサービスの見直しを始めています。ソフトバンクとauは2年縛りや違約金を廃止、あるいは引き下げた新たな料金プランを今月13日から開始。NTTドコモは違約金の見直しを含めた料金プランを検討しています。一方の端末は、サムスンが折りたためるスマホを6日から韓国国内で発売。ファーウェイは19日に新機種を発表する予定です。そして、最も注目を集めているのがiPhone。11日に新機種が発表されます。2007年の初代から様々な進化を遂げてたiPhone。去年、発売された「iPhone Xs」では、象徴ともいえるホームボタンを廃止して大画面化を実現。また、指紋認証ではなく顔認証を導入するなど、iPhoneユーザーを驚かせました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
きましたね