NEWS

運転士「信号機を見てブレーキ」 京急線脱線事故(19/09/08)

運転士「信号機を見てブレーキ」 京急線脱線事故(19/09/08)

横浜市の京急電鉄の踏切で電車が大型トラックと衝突してトラックの運転手が死亡した事故で、電車の運転士は踏切の異常を知らせる「信号機を見てブレーキを掛けた」と話していることが分かりました。 5日に横浜市の京急神奈川新町駅近くの踏切で、電車と大型トラックが衝突してトラック運転手の本橋道雄さん(67)が死亡し、乗客ら35人がけがをしました。その後の京急電鉄への取材で、電車の運転士は踏切の異常を知らせる「信号機を見てブレーキを掛けた」と話していることが分かりました。京急電鉄によりますと、電車は当時、時速120キロで走行していて、運転士が踏切から600メートル手前の段階で信号機を確認し、ブレーキを掛ければ踏切の手前で停止できる仕組みになっているということです。警察などは、運転士がどのタイミングでブレーキを掛けたかなど調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!