NEWS

5分で『なつぞら』第23週 ~なつよ、天陽君にさよならを~

https://www.youtube.com/watch?v=ivzAeUPDqBo

5分で『なつぞら』第23週 ~なつよ、天陽君にさよならを~

「連続テレビ小説『なつぞら』」https://www.nhk.or.jp/natsuzora/?cid=dchk-yt-1909-10-hpa
「連続テレビ小説『なつぞら』Instagram」https://www.instagram.com/natsuzora_nhk/?cid=dchk-yt-1909-10-hpb
「連続テレビ小説『なつぞら』Twitter」https://twitter.com/asadora_nhk?cid=dchk-yt-1909-10-hpc

ある日なつ(広瀬すず)は、坂場(中川大志)から1冊の本を手渡される。そこに込められた理由を察したなつは、仲(井浦新)を裏切るわけにはいかないと坂場に伝える。そのころ十勝では、体調を崩した天陽(吉沢亮)が入退院を繰り返していた。ある夜、天陽は病院を抜け出して自宅に戻り、徹夜で絵を描き続け、1枚の絵を完成させる。心配する靖枝(大原櫻子)に天陽は畑を見てくると言い残し、アトリエを後にする。夏が過ぎ、なつは、娘の優(増田光桜)を連れて十勝にやってきた。久しぶりのふたりの帰省に、泰樹(草刈正雄)や富士子(松嶋菜々子)、剛男(藤木直人)らは温かく出迎える。帰省中、なつは雪月を訪れ、菓子職人となった雪次郎(山田裕貴)と夕見子(福地桃子)と再会。そこに雪之助(安田顕)が現れ、なつにあるものを見せようとするが・・・

9月9日(月)からの『なつぞら 第24週~なつよ、この十勝をアニメに~』もお楽しみに!

戦争で両親を失った少女・奥原なつ。彼女を癒し、たくましく育てたのは――北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちでした。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐ生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマをお送りします。

【放送情報】
NHK 総合(月~土)午前 8:00~/[再放送]午後 0:45~
NHK BSプレミアム(月~土)午前 7:30~/[再放送]夜 11:30~

YouTubeで表示する

チャンネル:NHK

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!