NEWS

台風15号 首都圏直撃へ 記録的暴風に厳重警戒(19/09/09)

台風15号 首都圏直撃へ 記録的暴風に厳重警戒(19/09/09)

今後の台風の予想について気象予報士・手塚悠介さんの解説です。 現在、台風15号は伊豆大島付近を北上中です。9日未明、非常に強い台風にまで発達していて、このまま勢力を維持したまま北上を続けるという見込みです。移動速度が10キロぐらい遅くなっている状況ですので、影響する時間帯も少し伸びてきそうです。各地で雨と風のピークが約8時間前後というのが出てきそうです。まもなく午前3時ごろに神奈川県に上陸するとみられます。その後は首都圏へと直撃、関東を通過して三陸沖へと進んでいきそうです。現在は雨と風が弱くても急激に強まってきますので、油断をしないようにお願いします。関東南部から北部、そして東北へと、どんどん北に影響が移っていきます。 現在の雨雲の様子を見ますと、台風本体の活発な雨雲が掛かりはじめまして、静岡県内では記録的短時間大雨情報が出されました。そして土砂災害警戒情報も静岡県、神奈川県そして伊豆大島、三宅島にも発表されているという状況です。この後、どんどん関東各地へと雨雲が広がっていきそうです。 雨と風の予想を午前1時から見ていきます。伊豆諸島はこの後、雨がやんできますが、東京都心は午前3時、午前4時ぐらいが一番、雨と風が強まる時間帯になりそうです。予想される最大瞬間風速は60メートルと関東ではこれまで経験したことがないような記録的な暴風となる恐れがあります。時間を進めていきます。午前9時ごろになりますと、関東南部の雨はやんでくるのですが、一方で今度は東北の方で雨と風が激しさを増してきそうです。さらに時間を進めていきます。関東では昼ごろに各地、雨がやんできますが、東北では夕方ぐらいまで雨や風が激しい状況が続きそうです。東北では予想最大瞬間風速は45メートル。木が折れてしまうような暴風となりそうです。 雨と風の警戒が必要な時間帯を見ていきます。東京が午前6時ごろまで、千葉で午前8時ごろまで。こちらは夜中に大雨となりそうですので、土砂災害の危険がある地域にお住まいの人などは、夜は部屋の2階でお休みになるなど垂直避難というのも必要になってくるかと思います。関東北部と東北ですが、栃木や茨城では午前9時ごろまで、福島や宮城では夕方ぐらいまでは大雨や暴風に警戒が必要となりますし、高波や高潮にも厳重な警戒をお願いします。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね