NEWS

【報ステ】安倍総理 憲法改正に対する意欲強調(19/09/11)

【報ステ】安倍総理 憲法改正に対する意欲強調(19/09/11)

安倍総理は11日夜、第4次安倍再改造内閣の発足を受けて記者会見を行い、「安定と挑戦の内閣だ」と述べた。19人中17人が入れ替わる大幅改造となり、平均年齢は61.6歳。38歳で入閣した小泉進次郎氏は「大臣就任を受ける決め手は何だったのか」と問われると、「理屈じゃない。入閣要請がきて『よろしくお願いします』と自然と体から出た」と述べた。野党からは「国民不在の側近重用内閣。何をやりたいのか全くわからない」との声が上がった。内閣改造に先立って決定された自民党の役員人事では、二階幹事長と岸田政調会長を留任させるなど、“安定”重視の布陣となった。その狙いについて、安倍総理は「令和の時代の新しい日本を切り開いていく先にあるのは、自民党立党以来の悲願である憲法改正への挑戦。自民党としては、発足した新しい体制のもとで憲法改正に向けた議論を力強く推進していく考えだ」と述べた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか