NEWS

諫早湾干拓訴訟 開門命令無効とした2審判決破棄(19/09/13)

諫早湾干拓訴訟 開門命令無効とした2審判決破棄(19/09/13)

長崎県諫早湾の干拓事業を巡って排水門を開くよう命じた確定判決の無効を国が求めている裁判で、最高裁は国の請求を認めた二審判決を破棄して高裁で審理をやり直すよう命じました。

 諫早湾の周辺の漁業者らは、国の干拓事業で建設された潮受堤防で湾が閉め切られて被害を受けたとして堤防の排水門を開けるよう求めています。2010年には福岡高裁が排水門を開くよう命じた判決が確定しましたが、国は無効にするよう求めて新たに裁判を起こしていました。去年、二審の福岡高裁は漁業者側の開門請求の権利の期限は切れたとして国の勝訴を言い渡し、漁業者側が上告していました。最高裁は13日の判決で「漁業者側の権利は消滅していない」として二審判決を破棄し、審理を福岡高裁に差し戻しました。一方、時間の経過で事情が変化したことで開門命令の執行が漁業者側の権利の乱用にあたる可能性を示唆しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか