NEWS

サウジ攻撃イラン関与の可能性高い トランプ大統領(19/09/17)

サウジ攻撃イラン関与の可能性高い トランプ大統領(19/09/17)

アメリカのトランプ大統領はサウジアラビアの石油施設への攻撃について、イランが関与した可能性が高いとの見方を示しました。

 トランプ大統領:「(Q.攻撃の背景にはイランが?)そのようだ。現在、調査をしている。分かり次第、知らせる」
 イランが支援するイエメンの武装組織が実行を認めたサウジアラビアへの攻撃について、トランプ大統領はイランの関与に触れて「戦争はしたくない」としつつもイランへの報復の可能性を否定しませんでした。また、今月下旬の国連総会に合わせて調整が進められているとされていたイランのロウハニ大統領との会談については「予定はない」と話してイランへの経済制裁を緩和しないと明言し、これまで前向きだった姿勢をトーンダウンさせました。一方、ロウハニ大統領は「イエメンは自衛のために正当な権利を行使した」と攻撃のイランの関与には触れず、イエメン内戦の解決を改めて主張しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか