NEWS

アスベスト損害賠償訴訟 がん診断日が損害発生日に(19/09/17)

アスベスト損害賠償訴訟 がん診断日が損害発生日に(19/09/17)

兵庫県内の工場でアスベストを吸って肺がんを発症した男性2人が損害賠償を求めた裁判で、神戸地裁は17日にがんの診断日を損害の発生日だとする原告の主張を認めました。

 兵庫県尼崎市の「クボタ旧神崎工場」で働いていた遠藤利美さん(80)ら2人はアスベストを吸って肺がんを発症したとして、合わせて約2370万円の損害賠償金などを国に求めていました。裁判では、賠償金の利息にあたる遅延損害金をいつの時点から算定するかが争点でした。17日の判決で、神戸地裁は「損害の原因は肺がんが発症したことに他ならない」として、原告の主張通り約2370万円と診断日から計算した遅延損害金の支払いを命じました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい