NEWS

【報ステ】問われる汚染水・・・小泉大臣が福島4町訪問(19/09/17)

【報ステ】問われる汚染水・・・小泉大臣が福島4町訪問(19/09/17)

小泉環境大臣が17日、福島県の大熊町や双葉町など4つの町を訪問した。大臣就任後、2度目の福島入りとなった。小泉大臣が訪問したのは、福島第一原発事故による汚染土などを保管する『中間貯蔵施設』を抱える地域でもある。政府は、30年以内に県外の最終処分場へ運び出すとしているが、その候補地すら決まっていない。中間貯蔵施設が“事実上の最終処分場になるのではないか”という懸念に、具体的な対応が求められているが、小泉大臣は「約束は守るためにあるもの。しっかり形にするために全力を尽くしたい」と述べるにとどまった。そんななか、福島第一原発の処理水を「海洋放出するしかない」と発言した原田前環境大臣に17日、改めて真意を聞くと「やっぱり最終的には(海に)放出、希釈する方法しかない」と述べた。また「誰かが言わないと新しい次元、ステージに上がっていかない。正しいと思うべきことを世の中に発信していかなければいけない」と述べ、背景には、汚染水の貯蔵タンクが限界に近付くなか、処分方法について政府内で議論が進まない状況を変えたいという狙いがあったという。そのうえで小泉大臣に対して「環境大臣として、この極めて大事な問題に何も意見を持たないわけにはいかないし、小泉さんがいずれかの判断をされると思う」と述べた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい