NEWS

首に絞められたような痕 遺体で発見された不明男児(19/09/18)

首に絞められたような痕 遺体で発見された不明男児(19/09/18)

さいたま市の集合住宅で、小学4年の男の子が死亡しているのが見つかりました。首には絞められたような痕があり、警察は殺人事件とみて捜査しています。

 (社会部・石塚翔記者報告)
 見つかった小学生の遺体は、集合住宅の中にある小部屋のような場所に置かれていたということです。警察は現在、周辺に規制線を張り、集合住宅内の足跡などを調べています。18日午前1時前、さいたま市見沼区の集合住宅の敷地内で、近くの小学校に通っていた進藤遼佑君(9)が自宅のある建物内で死亡しているのが見つかりました。その後の捜査関係者への取材で、見つかった進藤君の遺体には首に絞められたような痕が残っていたことが新たに分かりました。また、服は着ていたものの、靴は履いていなかったということです。警察は見つかった遺体の状況から、進藤君が殺された後に遺体の発見場所に置かれたとみて捜査をしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!