NEWS

周辺海域で無人の救命いかだ 乗組員の捜索は難航(19/09/18)

周辺海域で無人の救命いかだ 乗組員の捜索は難航(19/09/18)

北海道の根室沖合で8人乗りのサンマ漁船が転覆した事故で18日朝から捜索していますが、漁船の救命いかだが見つかったものの、乗組員の発見には依然、至っていません。

 (佐藤俊記者報告)
 転覆した漁船が所属する大樹漁協では職員が夜を徹して情報収集にあたりました。そして、朝に漁船の救命いかだが見つかりました。午前8時半ごろ、現場近くの海域を航行していた日本漁船が第65慶栄丸の救命いかだを見つけて引き揚げました。中に人の姿は確認できなかったということです。第65慶栄丸が転覆した現場は納沙布岬の東方沖約610キロの公海上です。海上保安庁の巡視船が到着して付近を捜索していますが、乗組員8人は発見にはまだ至っていません。大樹漁協によりますと、12日に根室花咲港を出港した第65慶栄丸はサンマの記録的不漁により、例年の漁場よりも2倍以上、離れた公海上で操業していたということです。仲間の船に「横波を受けた」と連絡があったのを最後に音信不通になりました。現場海域の近くでは当時20メートルの強い風が予想され、海上強風警報も出されていました。船内を捜索する特殊救難隊が到着するのは夜の予定で、本格的な捜索は19日朝になりそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか