NEWS

時効迫る小4ひき逃げ事件 罪名切り替え捜査継続(19/09/18)

時効迫る小4ひき逃げ事件 罪名切り替え捜査継続(19/09/18)

時効直前、適用する罪名を切り替えて捜査を継続です。

 2009年9月、埼玉県熊谷市で当時小学4年の小関孝徳君(10)がひき逃げされて死亡した事件では、警察は過失運転致死罪を適用して捜査していました。その時効が今月30日に迫まるなか、埼玉県警が飲酒運転や無免許運転で人を死亡させた場合に適用される危険運転致死罪に罪名を変えたことが捜査関係者への取材で分かりました。危険運転致死罪の時効は20年で、時効の成立は10年延びることになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい