NEWS

栃木と京都の田んぼに 大嘗祭の斎田が決定(19/09/19)

栃木と京都の田んぼに 大嘗祭の斎田が決定(19/09/19)

宮内庁が、11月の即位の儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」で使われる米を収穫する田んぼを発表しました。

 大嘗祭で天皇陛下は2カ所の「斎田」で収穫された米を食べて国の安寧を祈られます。斎田は5月に栃木県と京都府に決められ、JAの推薦を経て18日、田んぼと「大田主」と呼ばれる生産者が絞り込まれました。栃木県は高根沢町の石塚毅男さん(55)が作る「とちぎの星」という品種で、京都府は南丹市の中川久夫さん(75)が作る「キヌヒカリ」が選ばれました。
 栃木県の「大田主」・石塚毅男さん:「お米を(栃木の)高根沢から出せることは、きっと高根沢の農家の人、皆誇りに思ってくれると思います」
 京都府の「大田主」・中川久夫さん:「うれしいとかそれだけではないわ、心配や。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい