NEWS

東電会長ら旧経営陣3人に無罪判決 避難者ら「納得できません」

東電会長ら旧経営陣3人に無罪判決 避難者ら「納得できません」

2011年3月の東京電力福島第一原発事故をめぐり、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、東京地裁(永渕(ながふち)健一裁判長)は2019年9月19日午後、勝俣恒久・元会長、武黒一郎・元副社長、武藤栄・元副社長の3被告にいずれも無罪(いずれも求刑・禁錮5年)の判決を言い渡した。判決を受けて東京地裁前では、福島原発刑事訴訟支援団のメンバーらが「納得できません」などと訴えた。

YouTubeで表示する

チャンネル:朝日新聞社

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな