NEWS

被害額1億8000万円か 中国拠点の詐欺グループ摘発(19/09/19)

被害額1億8000万円か 中国拠点の詐欺グループ摘発(19/09/19)

中国を拠点として日本の高齢者を狙って詐欺行為を繰り返していたグループが摘発され、ナンバー2の日本人の男が警視庁に逮捕されました。

 西矢季広容疑者(44)は去年3月、全国銀行協会の職員などをかたって名古屋市の70代の女性からキャッシュカード3枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、西矢容疑者は「カリスマ」と呼ばれる詐欺グループの中国人リーダーに次いで組織をまとめていて、吉林省延吉のアジトで金の管理をするなどしていたということです。取り調べに対し、容疑を否認しています。被害は全国190件、被害総額は1億8000万円に上るとみられています。グループは50人規模とみられ、警視庁などはすでに13人を逮捕して組織の実態解明を進めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた