NEWS

陛下が即位後初の稲刈り 実った稲一株ずつ丁寧に(19/09/19)

陛下が即位後初の稲刈り 実った稲一株ずつ丁寧に(19/09/19)

天皇陛下が皇居の水田で即位後初めてとなる稲刈りをされました。

 19日午前11時半すぎ、長靴を履いて鎌を手にした陛下は、実った稲を一株ずつ丁寧に刈り取られました。稲は、もち米の「マンゲツモチ」とうるち米の「ニホンマサリ」の2種類で、4月に退位前の上皇さまが種もみをまき、代替わり後の5月に、陛下が田植えをされたものです。皇居での稲作は農家の苦労を感じるために昭和天皇がはじめ、上皇さまから陛下へと引き継がれました。19日に使われた鎌は新調されたもので、陛下はあわせて100株を刈り取られたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか