NEWS

高市大臣が献金問題で釈明 公選法違反の指摘受け(19/09/19)

高市大臣が献金問題で釈明 公選法違反の指摘受け(19/09/19)

高市総務大臣が代表を務める自民党の選挙区支部が公職選挙法で禁じられている国と取引のあった会社から献金を受けていたことが分かりました。

 高市総務大臣:「公職選挙法への抵触は全くない」
 この支部はおととしの衆議院議員選挙の選挙期間中、警察庁や防衛省と取引のあった寝具リース会社から、30万円の献金を受けていました。公職選挙法では国と契約を結ぶ当事者が選挙に関連して国会議員に献金することを禁じています。高市大臣は国との契約について知らなかったとし、公職選挙法に抵触するとは考えていないとしながらも、選挙制度を所管する大臣として不本意だとして、19日朝に返金したということです。今後、今年度の収支報告書に計上するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
すごいな