NEWS

【報ステ】旧経営陣3人に無罪判決 東電強制起訴(19/09/19)

【報ステ】旧経営陣3人に無罪判決 東電強制起訴(19/09/19)

業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の旧経営陣、勝俣恒久元会長(79)、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)に無罪の判決が言い渡された。裁判のポイントは『巨大津波を予測できたか』と『有効な対策は可能だったか』の2点。旧経営陣3人は「事故を予見するのは不可能だった」などと無罪を主張していた。ただ、東電内部では2008年、国の地震予測をもとに『最大津波高さ15.7メートル』と記された資料が作られ、20メートルほどの壁で建屋を取り囲む案などが検討されていた。当時、原発担当役員だった武藤氏も具体的な指示を出していたというが、その後、安全対策費が数百億円規模でかかることなどが報告されると、津波対策は保留して、土木学会に検討を依頼することになった。検察官役の指定弁護士は「対策を先送りした」と指摘していた。判決では、『巨大津波を予測できたか』について「自然現象を相手にする以上、正確な予知・予測などできないことも、また明らかである」とした。さらに、『有効な対策は可能だったか』については、事故を回避するには原発を停止するしかなかったとしながらも、それは困難だったと認定。「自然現象について、想定し得るあらゆる可能性を考慮して、必要な措置を講じることが義務付けられるとすれば、原子力発電所の設置・運転に携わる者に不可能を強いる結果となる」とした。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた