NEWS

豚コレラ対策のワクチン接種 慎重姿勢を見直しへ(19/09/20)

豚コレラ対策のワクチン接種 慎重姿勢を見直しへ(19/09/20)

豚コレラの感染が関東にも拡大するなか、農林水産省は飼育されている豚にワクチンを接種できるよう指針を見直す方針です。

 江藤農林水産大臣:「(Q.ワクチン接種の検討状況は?)(午後)3時手前くらいに対策本部をもう1回開き、そこで最終的な取りまとめを行ったうえで、もう一度、会見する」
 豚コレラは埼玉県や長野県で確認されるなど、8つの府と県に感染が拡大しています。農水省ではこれ以上の蔓延(まんえん)を防ぐため、飼育している豚にワクチンを接種できるよう豚コレラへの対策を定める指針を見直す方針です。これまで農水省は豚へのワクチン接種に慎重でしたが、豚の飼育が多い関東に感染が広がったことを重く受け止めました。ワクチン接種を巡っては根強い反対の声がある一方、特に豚コレラが発生した地域の養豚業者などから接種を求める声が強まっていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
驚いた