NEWS

ごみ袋から延長コードと靴が・・・埼玉小4死体遺棄(19/09/22)

ごみ袋から延長コードと靴が・・・埼玉小4死体遺棄(19/09/22)

さいたま市の集合住宅で9歳の男の子の遺体が見つかった事件で、逮捕された父親が男の子の靴を隠すなど証拠隠滅を図ろうとしていたとみられることが分かりました。

 進藤悠介容疑者(32)は17日、さいたま市見沼区の集合住宅のメーターボックスの中に義理の息子の遼佑君(9)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、自宅のごみ袋の中から凶器に使ったとみられる延長コードと遼佑君の靴が見つかっていたことが分かりました。警察は進藤容疑者が遼佑君が外出したとみせかけるなど証拠隠滅を図ろうとしていたとみています。進藤容疑者は当初、死体遺棄の容疑を認めて「延長コードで首を絞めた」などと話していましたが、その後、容疑を否認しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか