NEWS

温帯低気圧に変化も・・・“危険な勢力”で北上中(19/09/23)

温帯低気圧に変化も・・・“危険な勢力”で北上中(19/09/23)

3連休の日本列島を直撃しました。消防庁によりますと、台風17号によるけが人は57人に上っています。台風は23日朝、温帯低気圧に変わってからも勢力を保ちながら北上を続けています。

 23日夜から温帯低気圧の影響を受けるとみられる北海道では心配の声が上がっています。勢力を保ちながら接近する台風だった温帯気圧。台風17号は暴風域に入った福岡県など各地で爪痕を残しましたが、22日朝に暴風域に入る前の宮崎県延岡市で突然、風が吹きました。
 突風の後、辺りは一変しました。台風の中心から500キロ以上も離れていましたが、台風からの湿った空気が流れ込んだ影響で竜巻とみられる突風が発生したのです。この突風で転倒したり、ガラスなどで切ったりしたけが人は18人に上っています。延岡市役所では保険の請求などに必要な罹災(りさい)証明書の受け付けが始まっています。
 一方、台風の強風で3連休の交通機関にも影響が。22日夜には山陽新幹線が岡山と博多の間で一時、運転を見合わせていましたが、23日午前2時に運転が再開しました。
 台風から変わった温帯低気圧がもたらす風により、北陸ではフェーン現象が発生。新潟県上越市などで過去最も遅い猛暑日となりました。温帯低気圧は勢力を保ったままで北陸地方では23日夜に30メートルを超える風が吹く恐れがあり、北海道では大荒れの見込みとなっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
編集がいい