NEWS

三つ子の次男死亡 「産後うつ」も実刑判決変わらず(19/09/24)

三つ子の次男死亡 「産後うつ」も実刑判決変わらず(19/09/24)

「刑が重すぎる」との署名活動もありましたが、実刑判決は変わりませんでした。

 判決によりますと、愛知県豊田市の松下園理被告(31)は去年1月、生後11カ月だった三つ子の次男を床にたたき付けて死亡させました。裁判では三つ子の育児の過酷さなどが浮き彫りとなった一方、松下被告は一審で懲役3年6カ月の実刑判決を受けて控訴していました。24日、名古屋高裁は「産後うつ病の症状が動機の形成に影響を及ぼした」としながらも、一審の実刑判決を支持して控訴を棄却しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか