NEWS

“表現の不自由展”で文化庁「補助金7800万円ナシ」(19/09/26)

“表現の不自由展”で文化庁「補助金7800万円ナシ」(19/09/26)

慰安婦を象徴する少女像などへの抗議が相次ぎ、中止となった「あいちトリエンナーレ」について文化庁が26日、補助金約7800万円を公布しない方針を決定しました。なぜなのでしょうか。

 事態が意外な展開を見せ始めました。現在、愛知県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」がわずか3日で中止となった問題。慰安婦問題を象徴する少女像を展示することなどにテロ予告や脅迫を含む1万件以上の抗議が殺到していました。
 検証委員会は25日、抗議電話への対策を講じることや展示方法を改善することなどを条件に展示を再開すべきとする中間報告をまとめました。これを受け、愛知県の大村知事は展示再開へ向けた協議を始める方針を打ち出しました。ところが、国は甘くありませんでした。
 文部科学省・萩生田大臣:「補助金については審査の結果、交付しないことを決定しました」
 抗議が殺到して展示が難しくなる可能性を把握しながら、文化庁に報告しなかったことを問題視。実際に展示中止となり、正しく運営できていないことを理由に補助金を交付しないことを決めました。あいちトリエンナーレの総事業費は約12億円。主に愛知県と名古屋市が費用を負担し、国も約7800万円の補助金を交付する予定でした。補助金の交付を巡って国と争う姿勢を見せた大村知事。表現の不自由展・その後の展示再開も先行き不透明となってきました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!