NEWS

新井浩文被告「不安だからお金渡した」 12月判決へ(19/09/26)

新井浩文被告「不安だからお金渡した」 12月判決へ(19/09/26)

新井浩文被告は「不安があったからお金を渡した」と述べました。

 新井浩文こと韓国籍の朴慶培(パク・キョンベ)被告(40)は去年7月、東京・世田谷区の自宅で派遣型エステ店の女性を乱暴した強制性交の罪で起訴されています。新井被告は「合意があった」として無罪を主張しています。26日の被告人質問で新井被告は犯行後、被害者に金を渡そうとした理由について「同意じゃなかったのかとちょっと不安だったから」と答えました。一方で「女性からの抵抗がなかったので合意の方が強いと思った」とも話しました。法廷では弁護側が撮影した新井被告が自ら犯行を再現した2分半ほどの映像が流されました。裁判は来月23日に求刑が行われ、12月2日に判決が言い渡される予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう