NEWS

「表現の不自由展」補助金ゼロに“国VS県”裁判も(19/09/26)

「表現の不自由展」補助金ゼロに“国VS県”裁判も(19/09/26)

多くの抗議を受けて中止となった、あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」ですが、さらにその後がありました。文化庁は当初、予定していたあいちトリエンナーレに対する補助金を全額交付しないと発表しました。

 文化庁の回答は「補助金交付の撤回」でした。先月に開幕した芸術祭「あいちトリエンナーレ」。文化庁は交付の予定だった補助金約7800万円を全額交付しないことを決定しました。萩生田文部科学大臣は。
 萩生田大臣:「残念ながら、文化庁に申請があった内容通りの展示会が実現できていません。また、継続できていない部分がありますので、これをもって補助金適正化法等を根拠に交付を見送った」
 あいちトリエンナーレでは、企画展「表現の不自由展・その後」で慰安婦を象徴する少女像の展示などに脅迫を含めた抗議が殺到し、わずか3日で中止となっています。萩生田大臣は「愛知県側は4月の段階で会場の混乱を想定していたが文化庁に伝えていなかった」として、あくまでも申請上の不備だと説明しました。しかし、あいちトリエンナーレ実行委員会の会長でもある愛知県の大村知事は。
 愛知県・大村知事:「こういう抽象的な事由で一方的に不交付が決定されるということについて我々としては承服できない」
 大村知事は文化庁から求められた手続きはすべてしていて不備はなく、4月から愛知県が混乱を想定して警備の相談をしていたというのは事実誤認であるとしました。そのうえで・・・。
 愛知県・大村知事:「これのどこが今回の不交付の決定にあたるのかということを裁判できっちりと正してきたい」
 大村知事は中止となっている表現の不自由展・その後について、再開を目指したいとしています。今回の騒動、事実上の検閲を懸念する声も上がっていましたが・・・。
 萩生田大臣:「(Q.行政による検閲にあたるのでは?)今後も芸術展は色んなところでやると思う。申請通りに出して頂いて、それを実現して頂ければ補助金はきちんとお支払いすることになるので検閲にはあたらない。中身については全く文化庁は関与しておりません」
 かみ合わない文化庁と愛知県。検閲なのか、ただの手続き不備なのか。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか