NEWS

「原発マネー」関電へ還流か 町の元助役にも3億円(19/09/27)

「原発マネー」関電へ還流か 町の元助役にも3億円(19/09/27)

関西電力の会長ら20人が、高浜原発がある福井県高浜町の元助役から3億2000万円分の資金などを受け取っていたことが分かりました。

 関西電力の八木誠会長(69)や岩根茂樹社長(66)、幹部ら20人は2011年からの7年間に高浜町の森山栄治元助役(今年3月死去)から約3億2000万円分の金品を受け取っていたことが社内の調査で判明しました。高浜町は関西電力の高浜原発がある場所で、岩根社長は会見で「元助役は地元の権力者でお世話になり、関係悪化を恐れて一旦、お預かりした」と説明。そのうえで「資金はすでに助役側に返却し、所得税の修正申告を済ませた」と話して社内処分を行ったとしています。
 関西電力・岩根茂樹社長:「(受け取った金品は)返却を申し出たものの、強く拒絶されるなど返却困難な状況にあったことから、返却の機会をうかがいながら一時的に各個人の管理下で保管していた」
 また、調査では原発関連の工事会社から元助役に約3億円が渡っていたことが判明。「原発マネー」が関電幹部に流れていた可能性が出てきました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!