NEWS

大嘗祭で使う米収穫 栃木、京都で「斎田抜穂の儀」(19/09/27)

大嘗祭で使う米収穫 栃木、京都で「斎田抜穂の儀」(19/09/27)

天皇陛下の即位行事「大嘗祭(だいじょうさい)」に使われる米を収穫する儀式「斎田抜穂の儀」が栃木県と京都府で行われました。

 11月の大嘗祭で天皇陛下は栃木と京都の「斎田」に実った米を食べ、国の安寧を祈られます。それぞれの斎田では、27日午前10時から米を収穫する儀式「斎田抜穂の儀」が行われました。天皇陛下の使者で神職の「抜穂使」がテント張りの神殿で祝詞(のりと)を読み上げ、その後に米の生産者の「大田主」らが装束姿で斎田に入り、慣例にのっとって稲を4束、鎌で刈り取りました。抜穂使が稲を確認した後、参列者らが神殿で拝礼しました。陛下には27日中に儀式の終了が報告され、収穫された米は今後、皇居に運ばれる予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
このチャンネルか!