NEWS

【報ステ】“ウィンウィン”強調 日米貿易協定合意(19/09/26)

【報ステ】“ウィンウィン”強調 日米貿易協定合意(19/09/26)

ニューヨークを訪問中の安倍総理は、アメリカのトランプ大統領と貿易交渉の合意文書に署名し、「日米双方にとって“ウィンウィン”となる結論を得られた」と強調した。今回の合意では、アメリカ産の牛肉や豚肉、小麦など、一部の農畜産物の関税は、TPP=環太平洋経済連携協定と同水準まで引き下げられることになった。ワインの関税は2025年4月に撤廃される。アメリカは、自国の米を無関税で日本に輸出するための“無関税枠”を求めていたが見送られた。一方、日本製の楽器の関税は順次、撤廃されることになった。他にも、日本製の眼鏡や自転車などの関税が撤廃される。交渉が最も難航していた日本車の関税については、現状維持となった。アメリカが離脱したTPP合意では、自動車や自動車部品の関税撤廃の時期が決まっていたが、今回は“協議継続”という形となっている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう