NEWS

台風18号・・・再び暴風か 千種ゆり子の全国天気のタネ(19/09/28)

台風18号・・・再び暴風か 千種ゆり子の全国天気のタネ(19/09/28)

28日に発生した台風18号についてです。気象予報士の千種ゆり子さんに今後の影響について解説です。
 今はまだ、台風は沖縄からも1000キロ近く離れた所にありますが、30日には沖縄に接近。来月1日から2日に九州から西日本、3日には関東を含め、本州付近に近付いてきます。この台風のルートですが、1週間前にやってきた台風17号とコース、勢力ともにそっくりです。ということは、前回と同じような被害が出る可能性があります。前回の台風17号では九州を中心に倒木も相次ぎ、一時、17万軒以上が停電し、60人以上がけがをしました。今、お話ししたのは台風が日本海側を通る場合ですが、実はもう1つ可能性があって鍵となるのは太平洋高気圧です。今、太平洋高気圧が真夏並みに強まっています。もう季節は秋なので、そろそろ秋の場所に戻りそうな気配があります。こうなると内回りのコースになって、本州に直撃してくる可能性もあると心配しています。
 というのも、このようなデータもあります。気象庁は正確な天気予報をするためにコンピューターで毎回、27通りのパターンを算出しているのですが、その計算結果がこちらです。太平洋側が81%です。単純にこの27個のパターンだけで決めているわけではなく、海外モデルの予測や日本の中でも他の予測などたくさんのデータを加味して、今回の予報円は日本海に行くコースになっています。ただ、データもあるようにまだ進路には幅がある状態です。今後も台風のコースに注目しておいて下さい。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
まじすか