NEWS

【報ステ】関西電力2回目の会見 全容解明は・・・?(19/10/02)

【報ステ】関西電力2回目の会見 全容解明は・・・?(19/10/02)

関西電力の幹部らが、高浜原発のある福井県高浜町の元助役・森山栄治氏から3億円以上の金品を受け取っていた問題で、関西電力は2日、2回目の会見を開き、受け取った幹部と金品の詳細を明らかにした。八木誠会長は金額換算で859万円、岩根茂樹社長は150万円。最も多く受け取っていたのは、鈴木聡常務執行役員で、現金7831万円を含む、1億2367万円。次が豊松秀己元副社長で、現金4100万円を含む、1億1057万円だった。多額の金品を受け取っていた理由について、岩根社長は「森山氏から『なぜ、わしの志であるギフト券を返却しようとするのか。無礼者。わしを軽く見るなよ』などと激高され、返却を諦めざるを得なかった」と説明した。会見では、関電が地元企業へ発注する工事について、発注時期や概算額の規模などの情報を森山氏に事前に提供していたこともわかった。情報提供と金品との関係について問われると、岩根社長は「工事とは関係のない形でも金品の受領は行われていて、直接の関係はない」と述べた。報道ステーションが入手した工事経歴書によると、森山氏が顧問を務めていた建設会社『吉田開発』は過去3年間で、関電から約27億円の原発関連工事を受注している。関電は、工事の発注は適正だったとしているが、2日に公表された報告書では、吉田開発への発注リストはすべて黒塗りされていた。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
そういうことか