NEWS

「悪質、自己保身」懲役18年求刑 結愛ちゃん事件(19/10/07)

「悪質、自己保身」懲役18年求刑 結愛ちゃん事件(19/10/07)

東京・目黒区で船戸結愛ちゃんを虐待の末に死なせた罪などに問われている当時の義理の父親の裁判で、検察側は懲役18年を求刑しました。東京地裁前から報告です。

 (社会部・古賀康之記者報告)
 船戸雄大被告は検察官が求刑について述べても表情を変えることなく、下をうつむいたまま聞いていました。検察側は論告で「5歳の女児に苛烈(かれつ)な虐待をし、逃げ場のない被害者をいじめ抜いた」「保護が必要になっても何もしなかったことはこのうえなく悪質だ」と指摘しました。そのうえで、病院に連れていかなかったことについては「事実に直面することからの逃げで、自己保身だ」などと述べ、懲役18年を求刑しました。一方、弁護側は「保護しなかった期間や態様がどうだったか考えると最も重い部類と言えるかはちゅうちょがある」などとして、懲役9年が相当と主張しました。雄大被告は最後に証言台に立ち、「本当に本当に申し訳ございませんでした」と泣きながら話し、裁判はすべての審理を終えました。判決は15日に言い渡される予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
!!!!!!