NEWS

地元漁師に広がる不安 今も“北朝鮮漁船”が海域に(19/10/07)

地元漁師に広がる不安 今も“北朝鮮漁船”が海域に(19/10/07)

7日午前、能登半島沖で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突、乗組員約20人が海に投げ出されました。イカ釣り漁が盛んな石川県能登町の小木漁港から報告です。

 (原瑞季記者報告)
 日本有数のイカ釣り漁が盛んな港で、漁師の人々は好漁場の大和堆で度々、操業しています。しかし、数年前から北朝鮮籍とみられる不審船によって、イカの水揚げ量が減るなどの被害が深刻化していました。
 現在、漁港の船12隻すべてが漁に出ているということですが、電話取材に船団長が応じました。船団長によりますと、今回の事故について、「日本の対応がこれまで甘かったから、いつかは起こると思っていた。もし自分たちが巻き込まれていたらと思うと恐ろしい」と話していました。現在も皆さんは大和堆で漁を続けているということですが、今も北朝鮮籍とみられる船がたくさんいるということで、こうした事故をきっかけに改めて厳しい対応を国に求めたいと話しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
なるほどね