NEWS

ノーベル文学賞 2年分発表 ヨーロッパの作家2人に(19/10/11)

ノーベル文学賞 2年分発表 ヨーロッパの作家2人に(19/10/11)

日本時間の10日にノーベル文学賞の2018年分と2019年分が発表され、ヨーロッパの作家2人の受賞が決まりました。

 2018年の文学賞はポーランドの57歳の女性小説家、オルガ・トカルチュク氏が受賞します。代表作の一つ「逃亡派」は日本でも翻訳出版され、イギリスの権威ある文学賞のブッカー国際賞も去年、受賞しています。2019年の受賞が決まったのはオーストリアのペーター・ハントケ氏(76)です。戯曲や翻訳、小説など幅広く活動し、日本でもヒットした1987年の映画「ベルリン・天使の詩」で共同脚本も務めています。
 村上春樹氏は受賞を逃しました。ファンからは落胆の声が聞かれました。
 ファン:「順番が回ってきて今年は取るんじゃないのかなと確信してたので、かなりショックですね」「1年間、この日のために本を読み込んでます」「長い目で見ていけばいい。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

YouTubeで表示する

チャンネル:ANNnewsCH

ゆーらんくん
ゆーらんくん
ほうほう